ローリスクで年利10%のFX財テク



今回はローリスクで年利10%を実現する方法ご紹介します。

仮想通貨では数万円の元手から億り人になったなど、刺激的な話題が多いですが、その一方で大半の資金を失った方もいらっしゃると思います。

今後、第二弾の仮想通貨バブルに賭けるというのもいいですが、ある程度の資金を残せた方の中には安定志向になっている方もいるのではないでしょうか。



ローリスクで年利10%を実現する財テク

その方法とはポーランドズロチという通貨を使ったキャリートレードです。

キャリートレードとは低金利通貨で高金利通貨を購入し、スワップ金利を安定的に得ようとするものです。

国内のFXトレーダーの中でも、デイトレードを主体にしている人のほとんどがドル円とユーロ円を利用していて、FX会社の話では7割ほどがドル円かユーロ円を利用しているようです。

感覚的にそんなイメージはありますよね。

以前はポーランドズロチ円を取り扱っていたFX業者は結構あったんですが、最近見かけなくなりました。

業者側からすれば、トレードできる状態にしても利用者がいなかったら為替レート等などのコストばかりかかってしまうので、不人気通貨は取扱中止になるのは当然の話です。

ズロチ円は玄人が取引している通過ペアですが、ユーロ円との相関性も高いので、ユーロ円でデイトレードしているトレーダーなら代替通貨としてズロチでのトレードもお得です。

理由はズロチ円はユーロ円の1/4の証拠金で取引できるからです。

そして、スワップ金利が高いFX業者として挙げられるのが「FXプライム」です。

2018年9月18日から、FXプライムbyGMOがポーランドズロチ円のスワップポイントを引き上げます。元々1万通過10円のスワップポイントですが、本日より15円に引き上げを発表しました。

現在、こちらでズロチ1ロットあたり、15円/日のスワップがつきます。

参考:ポーランドズロチ/円

変動リスクの回避方法

ただし単純にズロチ円だけを保有した場合は変動リスクが残ってしまいます。

そこで変動リスクにヘッジをかけるためにユーロ円を利用します。

ポーランドはユーロ加盟国ですが、通貨はまだユーロに統合されていません。

対ユーロでの値動きを見ていただくとわかりますが、近年はユーロの値動きとかなり絡んでおり、直近では相関係数0.9強と強く連動しています。

参考:ポーランドズロチ/ユーロ

つまり、ユーロ円売りを保有することで、高い確率で変動リスクを抑えることができます。もちろん地政学リスクという指摘もあるかと思いますが、立地的にもドイツに隣接しており、このさき金融危機が起こった場合でも、基本的にはユーロと連動すると予想されます。

スワップ金利は毎日変動しますが、現在の水準で約年利10%。数千万円程度の資産があれば、サラリーマンの平均所得ほどが見込めますので、仮想通貨の収益を安定運用したい方などは検討してみるのもいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です