専業主婦でも借りれるところはありますか?



専業主婦・専業主夫は総量規制によって、実際にはお金を借りることができません。

しかしながら、銀行のカードローンは、総量規制の対象外となっており、唯一専業主婦・専業主夫が借りることができます。

但し、消費者金融からでも借りれる方法もあります。

専業主婦・専業主夫の質問にお答えします。

専業主婦・専業主夫Q&A

専業主婦(夫)が借りたいという質問と回答です。

Q1:私は専業主婦なのですが、親の必要でお金を工面しないといけなくなりました。私は一人っ子なので、親は私以外に頼れるところがなく、なんとか工面してあげたいと思っています。

A1:御両親のために何とかしたいと考えておられるわけですね。

たしかに大手消費者金融では専業主婦向けのカードローンはありません。

でも、専業主婦でも借りれるカードローンはありますよ。

銀行カードローンと中堅以下の消費者金融です。

専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入れを行うことができます。ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

Q2:夫には相談できないので消費者金融で借りようと思ったのですが、専業主婦は借りれないと聞いて困っています。専業主婦でも借りれるカードローンはありませんか?

A2:収入の無い専業主婦/主夫の方が借入れをする際、配偶者の方の年収を参考に審査するため、同意書や夫婦関係証明書類が必要となりますが、銀行のカードローンは、専業主婦・専業主夫でも収入の照明を提出することなく借りることができます。

ご主人に内緒でお金を借りることができます。

この同意書は配偶者と貸付契約を締結する同意と、指定信用情報機関へ信用情報を提供することの同意書であり、連帯保証人になる同意書ではありません。

同意書について詳しく書いてあるサイトがあります。


Q3:現在収入が無いため、書類の提出ができません。どうすればよいですか?

A3:収入がない場合は、原則として新たな借入れはできませんが、銀行のカードローンは、収入の証明を提出しなくても大丈夫です。


専業主婦・専業主夫が利用できる銀行カードローンとは

専業主婦が利用できる銀行カードローンには、・楽天銀行スーパーローン・みずほ銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行バンクイックなどがあります。

どちらも専業主婦専業主夫の場合は、「限度額30万円」と制限されていますが、主婦・主夫に人気の高いカードローンになります。

ちなみに、楽天グループの楽天銀行のカードローン(スーパーローン)は専業主婦でもOKと謳っており、しかも審査時に申告する内容には夫の勤務先や収入はおろか氏名すら入力する必要がありません。

ほかの銀行系カードローンでも(貸金業法の総量規制がないため)専業主婦でもOKとなっている商品がありますが、どこも基本的に夫の情報を申告する必要があります。収入のない専業主婦に金を貸すのですから当たり前といえば当たり前なのですが。

では楽天銀行では夫の情報ナシでどのように与信判断をしているかというと「楽天市場や楽天オークション、その他の楽天グループ企業での購買履歴、利用履歴」を見て判断しています。

ということで、実は楽天グループのサービスを一度も利用したことがないと専業主婦専用のカードローンの審査には通りません。

逆にいえば楽天グループのサービスを利用していて利用状況がよければ「本当は独身だけど専業主婦として」審査が通る可能性はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です