クレジットカードの現金化がダメな理由



クレジットカードの現金化という行為について説明します。

言葉だけは何となく聞いたことがあるという方や実際に現金化された方が多いのではないかと思います。

クレジットカードに設定される利用枠は「ショッピング」と「キャッシング」の二つに分かれます。

ズバリ!違法行為です。

ショッピング枠とキャッシング枠

ショッピング枠は「商品代金の立替え」を行うサービスの事ですが、このショッピング枠を使って現金を手に入れようとする手段が「クレジットカードの現金化」です。

キャッシング枠とは実際に融資を行う枠の事で、消費者金融などのカードローンと同等のサービスです。

クレジットカードの現金化について

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した商品を売却することで現金を得る手法のことを指します。

本来ショッピング専用であるはずのショッピング枠を利用して現金を得ることから、「現金化」という名前が付いています。

キャッシング枠をギリギリまで使っていても、ショッピング枠はかなり残っている状態の方も多いかと思います。

現金化の仕組み

ショッピング枠というのは商品代金やサービスの代金を一時的にカード会社が立て替えるサービスの事を言います。ですからショッピング枠で現金を借りるという事はできません。
しかし何らかの事情でショッピング枠を使って現金を手に入れたい、という人が手を出してしまうのが「現金化」です。

この現金化はいくつか方法があるのですが、典型的な手口としては「安価な商品を高額で購入するのであれば、対価として一定額をキャッシュバックする」という物があります。

例えば百貨店の商品券を10万で購入するという形で契約を結びます。その後「手数料」などと称した業者の取り分(ここでは3万円とします)を差し引いた額を現金でキャッシュバックする、その結果「10万円のショッピング枠が7万円の現金に変わる」ということが起こるわけです。

クレジットカードの現金化には専用の業者を利用することが多いです。業者は現金化利用者から購入した商品をまた自分たちで販売して利益を得るような体系を取っているため、購入するように指定される商品も商品券や新幹線のチケット・回数券など、汎用性があり転売するのに困らないものが選ばれることがほとんどです。

現金化は自己責任

この現金化は取引内容によっては違法行為として利用者が逮捕されていまいますし、それ以外の場合でも会員規約に反しているので発覚次第カードの利用が停止されてしまいます。

また「借金」として見てもかなり法外です。上の例えであれば一か月後には10万円支払う必要があるわけで、「7万借りて月の利息が3万円」となり年利としてみると300%を超えます。

ですから、お金に困った場合はクレジットカードのキャッシング枠や消費者金融でのキャッシングを利用したほうが圧倒的にお得です。

ただ「キャッシング枠も埋まってしまい借りられない」と言った当座の資金も困ってしまった人はそういったことが言える余裕もない人の弱みに付け込んで「クレジットカードで借りられる」などとネットなどで宣伝する業者もあります。

業者ごとに買取金額の設定が異なるため具体的な数値には言及しませんが、実はこの取引を「金利」という点から考えると、銀行や消費者金融が取り扱っているカードローンの設定金利と比べても何十倍も高い金利になっています。

カードローンと違い、審査という過程がない分手軽に利用できる現金化ですが、実質的な金利は暴利になっているため利用しないのが賢明だと言えます。

商品の持ち逃げされても、あなたは共犯者です。

現金化を利用してはいけない理由

現金化を利用してはいけない理由は、金利以外にもあります。

実は現金化に該当する行為は、クレジットカード会社の規約で禁止されているのです。

そのため、カード会社に「現金化を行っている」と判断された場合、所有しているクレジットカードが解約されてしまう可能性もあります。

クレジットカードがない生活の不便さは、クレジットカードを使ったことがある人ならだれでも想像がつくでしょう。

このような理由からも現金化は行うべきではありません。

現金が必要になった場合には、カードローンなど別の方法の利用をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です